ウォーターサーバーを使ってコーヒーや紅茶を飲む場合

###Site Name###

紅茶やコーヒーを飲むためにウォーターサーバーを購入するならば、それぞれに合ったものを選ぶ必要があります。

コーヒーは水の硬度によって味が変化します。
なので、自分が好きな硬度の水を選ぶことが大切です。
コーヒーは軟水で選ぶとまろやかで酸味が出ますが、逆に硬水で入れると苦味が強くなります。

コーヒーの味は好き好きですから、まろやかで酸味がある味が好きなら軟水のウォーターサーバー、苦いのが好きな人は硬水のウォーターサーバーを選ぶといいでしょう。

紅茶は、軟水でいれるとうまみ成分が出て明るく透き通った色になります。


逆に硬水で入れるとうまみ成分とミネラルが結合して苦くなります。

また、紅茶の色が黒っぽくなります。


日本人好みの紅茶をいれたいのであれば、軟水のほうが適しているでしょう。ただし、適度に渋い味を楽しみたいという場合には、硬水でもいいです。

紅茶の本場イギリスでは硬水がメインなので、濃いめにいれて渋みを出してそこにミルクを入れて飲まれています。

硬水の場合はミネラル分とコーヒーや紅茶の成分が結合してしまうので、味が変化します。



純粋な味を楽しみたいのであれば軟水のウォーターサーバーが適しているでしょう。

軟水を採用しているものだと、赤ちゃんのミルク作りにも使えるというメリットがあります。



また、飲みやすいので小さな子どもいる家庭でも軟水のほうが使いやすいです。

コーヒーや紅茶をよく飲む人は、水の硬度も考えてウォーターサーバーを選んでみましょう。